ラッピング教室では色彩の知識はとても重要です。

それぞれの色相(色み)には黄みを感じる色、青みを感じる色があり同じ色みどうしの組み合わせは誰の目から見てもしっくりくるセンスある配色まさに調和している配色となります。

それがアンダートーンに分類されたCUS色相環です。

その色相環を学ぶことによりラッピングペーパーとリボンの色使いやオーナメント使いなどがとても簡単でお洒落感ある作品になります。

マグカップをワックスペーパーでラッピングしています。

オフホワイトのリボンと地模様、ライトグレーの赤紫のペーパーはブルーアンダートーンの色使いです。

サマーをイメージする色使いです。

スカイブルーのペーパーとグレーのストライプの不織布でラッピングしています。

ブルーアンダートーンです。

黄緑と鮮やかな黄色の類系色相配色です。

明るく生き生きとした色使いは心を前向きにしてくれます。

根がある植物なので病気見舞いには使えませんがアーティフィシャルフラワーのアレンジをラッピングして差し上げてはいかがでしょうか?

その際はコンパクトなものが良いですね。

右の写真の立方体と直方体には花瓶が入っています。

都会的でモダンな女性へのプレゼントで、シルバーと黒の組み合わせで、ブルーアンダートーンの色使いです。

光沢のない黒・白は弔辞を連想しますので避けたほうがよいです。光沢感は華やかさや高級感もイメージできます。

縦に貼り合わせたリボンはタックを入れることでリボンのウエーブが出来ました。

合わせ包みの応用作品です。

カルチャースクールのラッピング作品です。

円柱の缶をワックスペーパーと不織布の三色使いでシリンダー包みです。お花が咲いているようにアレンジです。

もう一つはピローボックスを合わせ包みアレンジで壁掛けを作りました。

ブルーアンダートーンの色使いです。

黄緑をメインカラーとして熊のぬいぐるみとタオルハンカチで作った小鳥を入れた籠のラッピング、箱はピローボックスのスクエア包みです。

黄色、黄緑はイエローアンダートーンですからブライトスプリングのカラーですね。

リボンワークで花びらを作りパールをオーナメントに入れました。

柔らかい素材のハンカチでボトルをつつんでいます。

クリアなピンクとブルーの配色でエレガントさをだしています。

ブルーアンダートーンのパステルサマーの色使いです。

 

夏ギフト用のスクエア包み応用と言った方法です。

パステルピンクとペールブルーの2色使いで優しくクールな色使いにしました。女性、男性どちらにも使える色です。

あえてパーソナルカラーとするとパステルサマーの色使いです。

お電話でのお問合せはこちら

047-389-4323

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

    講師紹介

    登坂 恵子

    親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。